週刊「DIY MAGAZINE」 Vol.1:僕らの働き方と暮らし方

スポンサーリンク

DIY MAGAZINE管理人であるセーチが日曜日の夜に、この一週間を振り返る「週刊 DIY」。面白いと思った記事や良いなと思ったモノ、使ってみたいDIY情報を、DIYの観点からお届けする。

記念すべきVol.1、僕の事も交えながら情報をお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

週刊「DIY MAGAZINE」:今週気になった記事

あなたが100歳になる時、日本は


参照:NewsPicks

人口減少と少子高齢化による社会構造が激変していく中で、これからの日本が直面していく現実という内容
このサイトのコンセプトとマッチしていたので取り上げた

まさに僕が会社員を辞めたのも、100年時代を生き抜く為に何をすべきかを考えたからだ。
記事では、2040年には公的年金を支える負担額が今の倍近くなると予想されている。


参照:NewsPicks

 

・誰かに頼れる時代は終わった
「定年まで同じ会社に勤め、退職金と年金で悠々自適」という老後プランは、会社と国に依存した人生設計なので上のデータからみても崩壊していると分かる。

・「定年延長」「副業解禁」
政府も年金は払いきれない可能性があるから、今のうちに自分で補ってくれという流れになっている。

では、100年時代に向けて何を備えるべきか・・・

幸福の3つのインフラ

参照:NewsPicks

幸福の定義はそれぞれ違うと思いますが、橘先生の『幸福の「資本」論』では3つで説かれています。

100年時代に備えるには「専門性」が鍵

・最強の人生設計は「生涯現役」
サラリーマンは人的資本を会社に投資し続けないといけないですが、専門性を身につけれる内容であれば投資した価値がでてきます。
中間管理職のように色々な部署を股にかけるような場合は会社がなくなってしまえば、投資した資本も消えてしまうので、本当に投資し続けていいのか考える必要がある。

なので、自分の人的資本を投資する先を見誤らず、金融資本になるように投資をする必要がある。
まずは現実をしっかり直視し、人生の3つの資本を上手に組み合わせて、自分なりの幸せなライフプランを作ってほしいと思います。

 

編集後記

こんな感じで情報を発信していこうと思う。
今日が独立初日。現時点ではまず、書きたいと思っていた事をどんどん書いているところ
週刊DIY MAGAZINEもその一つ。

会社員の時と違い、好きな情報を収集して昼から記事を書ける事は幸せだ
これからDIY MAGAZINEの読者になる方に楽しんで読んでもらえるよう、発信していくのでよろしくお願いします。