週刊「DIY MAGAZINE」 Vol.9:本田圭佑と中田英寿が映すキャリア観の変化

スポンサーリンク

DIY MAGAZINE管理人であるセーチが日曜日の夜に、この一週間を振り返る「週刊 DIY」。
面白いと思った記事や良いなと思ったモノ、使ってみたいDIY情報をお届けする。

今回は『本田圭佑と中田英寿が映すキャリア観の変化』という記事を紹介します。

まずは、今週書いたDIYに関する記事をまとめて紹介。

 

スポンサーリンク

週刊「DIY MAGAZINE」:今週書いた記事

簡単に黒いモルタルを作る方法まとめ!玄関をDIYで黒くしたい!

簡単に黒いモルタルを作る方法まとめ!玄関をDIYで黒くしたい!

2018.10.16

玄関の土間を黒を薄めたような色にしたかったので、モルタルに目を付けて調べていたら色々疑問に思い書いた記事。

モルタルってどうやってつくるのか?色は付けれるのか?など、モルタルの事について何も分からない人は参考にしてほしい。

 

古い砂壁の玄関をセルフリノベーションでお洒落な漆喰仕上げにDIY

昭和の砂壁玄関をDIYで漆喰塗装にセルフリノベーション Vol.19

2018.10.17

40年前の物件ともなると壁もかなり古い。玄関なんかは砂壁で覆われていて暗い印象を持っていたので、白の漆喰で明るくしようと思い書いた記事。

砂壁に漆喰を施すための下準備や手順を写真を交えてレビューしていっている。

砂壁の下地処理に時間がかかっているので、まだセルフリノベーションの途中だが3日おきに更新しているので、ウォッチしておいてほしい。

 

インスタントセメントのグレーと白に左官墨で黒いモルタルにした感想

インスタントセメントのグレーと白に左官墨で黒いモルタルにした感想

2018.10.18

簡単に黒いモルタルを作る方法でインスタントセメントと言う物を紹介したが、白とグレーのタイプがあったので、黒いモルタルを作るにはどっちが適しているのか調べてみた記事。

普通はモルタルに色を付ける場合は白いモルタルを使うが、黒にするならグレーでも問題ないのではないかと思い始めた。

実際に使ってみると材質が違うのか、仕上がりにかなり差がでたので試しておいて良かった。モルタルに色を付けたいと思っている人は読んでみてほしい記事。

 

モルタルを塗った後、表面が白くなるのはなぜ?原因と対策をまとめた

モルタルを塗った後、表面が白くなるのはなぜ?原因と対策をまとめた

2018.10.20

モルタルを試し塗りした表面に白いポツポツとしたものにが出てきたので、なんだこれは?と思い調べて、原因と対策をまとめた記事。

ぶっつけ本番で玄関に塗っていたらと思うとぞっとする内容になっています。

モルタルの仕上がりを拘りたい人に読んでおいてほしい記事。

 

床と壁がタイルのトイレをクッションフロアで簡単DIY!

昭和なトイレをDIY!床と壁のタイルをクッションフロアと塗装でリメイク!Vol.20

2018.10.21

床と壁がタイルで作られていたトイレをセルフリノベーションした記事。

ピンクのタイルで落ち着かないトイレから、大理石デザインのクッションフロアでモノトーンに仕上げたモダンな雰囲気に仕上げてます。

賃貸の人でも簡単にDIYできる内容になっているので、トイレの雰囲気を少し変えたいという人におすすめの記事。

 

週刊「DIY MAGAZINE」:今週購入した道具

玄関の漆喰仕上げに使うインスタント漆喰

 

玄関の土間に使う水を入れるだけでモルタルが作れるインスタントセメント

トイレのタイルに使った業務用の白ペンキ「ノボクリーン」

砂壁やトイレのタイルの下地処理に使うカチオンシーラー

 

週刊「DIY MAGAZINE」:今週気になった記事

本田圭佑と中田英寿が映すキャリア観の変化

参照:東洋経済

本田圭佑選手の豪州デビュー弾が話題になった今週。

東洋経済で本田圭佑選手のキャリアについて、時代の流れに合わせ、世代事に色があることがまとめてあり分かり安かったので取り上げた。

サッカー界のレジェンド、「三浦カズ選手」は1967年生まれで終身雇用の年代。サッカー界で生涯現役として活躍しているその姿はまさに終身雇用。

29歳の全盛期に引退をして話題になった「中田英寿選手」は、三浦選手と10歳違う1977年生まれ。1970年代後半生まれから1980年代生まれの、転職することが徐々に珍しくなくなってきた世代のシンボル的な存在。

安室奈美恵も同年代で、全盛期に引退をしこの年代は色々な職を渡り歩く世代。

「本田選手」は中田選手からまた10歳近く離れた1986年生まれ。この世代はキャリアをチェンジするのではなく、複数の仕事を兼業するスタイル「複業」「マルチキャリア」「スラッシュキャリア」などと呼ばれている。

現役選手兼、経営者兼、カンボジアの監督など複数の仕事をしている本田選手はまさに我々世代のシンボル的な存在。

 

まとめ

本田圭佑と中田英寿が映すキャリア観の変化は自分も感じている部分があったので、わかりやすくまとめてある東洋経済さんの記事は参考になった。

今週はトイレや玄関などセルフリノベーションの場所が移った週だった。まだまだDIYについて知らないことが多く、毎日新鮮に過ごせている。

庭の手入れも始めたので、まとまり次第記事にしていきたい。




『DIY MAGAZINE』も使っている
アイデア満載の情報アプリ
LIMIA (リミア)

使ってみたくなる住まい・暮らしの写真が見放題!