壁に断熱材を入れて断熱性のいい家に!中古マンションをセルフリノベーション。Vol.2

スポンサーリンク

中古マンションをセルフリノベーションVol.2

どこから手を付けていこうかという状態ですが、まずは下地を完成させるところをゴールにしたいので、断熱材を入れる事から始めます。

 

スポンサーリンク

外に面している壁に断熱材を入れる

鉄筋コンクリートのマンションなので、断熱材を入れないとめちゃくちゃ寒い。

※外に面している壁と隣の部屋との壁に断熱材を入れていきます。すでに1枚取り付けられてるので、重ねるようにして上からかぶせていきます。

外に面している壁に断熱材を入れる前

隙間が空くと断熱効果が下がるので、枠のサイズより数mm大きめにカットします。

断熱材をカッターでカット

カッターで加工できるので簡単。

使っている断熱材は「ダウ化工社のスタイロフォーム」。水を吸収しにくい素材なので、結露が出やすい窓際の断熱には持ってこいの断熱材です。

 

スポンジのような素材なので、押し込むように入れていくと、ギュッと形にそって入っていきます。

カットした断熱材を手で押し込む

※スポンジのような素材といっても、硬めなので、サイズが大きすぎると入りません。

大きすぎた場合はカッターで削っていきます。かつら向きのような感じで薄く切って調整しています。小さすぎて隙間があくと気密性が下がるので隙間は空けないように調整します。

サイズが合わなかった断熱材をカッターで削るように調整

1カ所ずつサイズが違うので、毎回サイズを測り断熱材をカッターで切って入れていく、という作業の繰り返しです。

地味な作業ですが、「ダウ化工社のスタイロフォーム」が軽い素材なので、キツさはありません。

断熱材を壁に埋め込んだ

 

断熱材の種類と「ダウ化工社のスタイロフォーム」とは

断熱材は空気の層を作ることで、外気温の影響を家の中の温度に伝えないことが目的で、断熱材にも色々種類があり、値段もまちまちなので、場所や費用に合わせて選ぶ必要があります。

断熱材は大きく分けて「繊維系」と「発砲プラスチック製」の2種に分けられます。

今回使った「ダウ化工社のスタイロフォーム」は発砲プラスチック製の種類で、同じ発砲プラスチック製のポリスチレンフォームやウレタンフォームよりも性能が良いです。※詳しいスペックはメーカーページで

 

ベランダの壁に断熱材を入れ終えた写真

全部屋ベランダに面している壁に断熱材を入れ終わりました。

エアコンやコンセント周りは綺麗にくり抜いて取り付けれるようにしています。

ベランダの壁に断熱材を入れ終えたあと

作業時間は6時間ほど。コンセント周りに時間がかかりました。。。

次は天井の作業に移っていきます。

 

次の記事>>DIYで壁に防音材を入れる!中古マンションをセルフリノベーション。Vol.3

DIYで壁に防音材を入れる!中古マンションをセルフリノベーション。Vol.3

2018.10.27

 

前の記事>>DIYで中古マンションをセルフリノベーション。物件1号の間取りの現状を解説!Vol.1

DIYで中古マンションをセルフリノベーション。物件1号の間取りの現状を解説!Vol.1

2018.10.26