【ラブリコでDIY】便利な使い方やおしゃれな活用方法を紹介

ラブリコパーツセット

スポンサーリンク

ラブリコは壁を傷付けずに部屋のどこにでも柱や壁を作ることができる便利なアイテム。

天井や床も傷付けないので賃貸の人も使いやすく、そのデザインと便利さから2016年にグッドデザイン賞を受賞しています。

そんな人気のDIYアイテム『ラブリコ』を使ってみた私(@DIY_se_chi)が、ラブリコの使い方や参考になるDIY事例をご紹介します。

 

スポンサーリンク

LABRICO(ラブリコ)って何


参照元:ラブリコ

LABRICO(ラブリコ)は、女性や家族が楽しめる「安全で手軽なDIYパーツブランド」。

DIYパーツは業務用や男性向け製品が多く、複雑な手順や工具が必要だったので気軽に使おうと思えるものではありませんでしたが、

突っ張り棒で有名な「平安伸銅工業」が安心して使い続けられる、家庭向けのパーツとして提案したブランドの1つがLABRICO(ラブリコ)です!

ラブリコのパーツと種類を紹介

ラブリコアジャスター

ラブリコは、DIYでよく使われる2×4材や1×4材にアジャスターをかぶせ、天井と床を突っ張ることで新しい柱にするアイテム。

2×4材用ジョイントや1×4材用棚受けダブル、アイアンアジャスターなど、種類が豊富に揃えられています。

下記記事でラブリコのパーツを種類ごとに紹介しているので、種類が気になる方は読んでください。

ラブリコの使い方と組み立て方

ラブリコジョイントを取り付ける様子

ラブリコが女性や家族が楽しめる「安全で手軽なDIYパーツ」だとしても、買う前に使い方は知っておきたいですよね。

実際にどうやって組み立てるのか、2×4材用のラブリコパーツで棚を作った時に使い方をまとめました。

使う機会が少ないラブリコジョイントやラブリコで作った棚に有孔ボードを取り付ける方法も合わせてレビューしています。

ラブリコDIYの使い方の注意点は?

ラブリコは「縦板・横板」に重量の基準があります。

  • ラブリコの「縦板重量制限」は柱1本あたり20㎏
  • ラブリコの「横板重量制限」は棚板1枚あたり30㎏

さらに棚板の長さは120cmまで、段数は4段までと公式サイトで規定されています。

重量制限や基準となる長さを守って使う事が必要ですね。

別の注意点としてジョイントを使う場合、用意する板の長さが変わる点や荷重量が変わる点があります。

詳しくは下記記事にまとめていますので気になる方は合わせて読んでください。

ラブリコの使い方が参考になるDIY事例

ラブリコでキッチン棚を作る使い方


参照:Roomclip

キッチンカウンターにラブリコで収納棚をDIY。

格子状に棚を作って奥が見えるようにしているので、狭く感じずお洒落に見えますね。

 

View this post on Instagram

 

gami(サインペインター)さん(@gami_223)がシェアした投稿

ラブリコアイアンでキッチン棚をDIY。

ラブリコアイアンは室外で使われることが多いですが、室内でも男前な雰囲気になるので良いですね。


参照:Roomclip

賃貸マンションのキッチンカウンターにラブリコで棚をDIY

ダークウォルナット系で塗装した2×4材にブラウンのラブリコが合いますね。


参照:Roomclip

1×4材用のラブリコでキッチン棚をDIY。

1×4材が細いのでスッキリした印象を受けます。見せる収納が素敵ですね。

ラブリコは使い方次第でディスプレイ棚になる


参照:Roomclip

2×4材のラブリコアジャスターとジョイントを使ってディスプレイ棚をDIY。

シンプルにラブリコで作った柱に木材を取り付けディスプレイする方法。

 

View this post on Instagram

 

えこのチャリ部さん(@ecosuke_chari)がシェアした投稿

2×4材用ラブリコでバイクラックをDIY。

柱1本20㎏まで耐えれるので、軽いミニベロなどであればディスプレイ可能ですね。


参照:Roomclip

2×4材用ラブリコでディスプレイ棚をDIY。

棚受けシングルを使って1×6材で棚を4段設置していますね。

塗装しない木材には白のラブリコが合います。

ラブリコでパーテーションにする使い方


参照:Roomclip

2×4材用ラブリコで作ったパーテーション。

完全に間仕切るのではなく、観葉植物やドライフラワーで自然に区切っているのが良いですね。


参照:Roomclip

ラブリコアジャスターで柱を3つ作りパーテーションをDIY。

柱や棚受けを全て黒で塗装されており、統一感があります。


参照:Roomclip

白のラブリコでパーテーションをDIY。

間に棚受けシングルを取り付け木を掛けていますね。

下半分だけ区切ることでパーテーションとして仕切りにはなっていますが、隣の部屋も見通せて良いですね。


参照:Roomclip

ラブリコのアジャスターを9個使ってパーテーションをDIY。

2×4材の隙間から照明の光が漏れる感じが良いですね。

ラブリコでトイレの壁面収納を作る使い方


参照:Roomclip

1×4材用ラブリコでトイレに棚受けをDIY。

1×4材は板が薄くスッキリして見えるので、トイレや洗面台に使われることが多い人気パーツ。

ラブリコで洗面所棚を作る使い方


参照:Roomclip

2×4材用ラブリコで洗濯機の上に棚をDIY。

2×4材をウォレット系で塗装し白のラブリコ棚受けを取り付けた棚は清潔感あって好印象です。


参照:LIMIA

2×4材用ラブリコアジャスターを使い洗面所に棚をDIY.

棚受けはラブリコを使わず、ビスを打ち込んで固定していますね。


参照:Roomclip

タイルの壁紙とラブリコで作った柱にアイアンの棚受けを取り付けた棚が合いますね。

ラブリコで作った柱は縦にするか横にするかで棚の付け方が変わるので参考になります。

ラブリコで靴箱を作る使い方


参照:Roomclip

2×4材用ラブリコに棚を取り付けて靴箱をDIY。

棚を作った全面に板を取り付けることで、靴が立てかけれるようになっていますね。


参照:Roomclip

ラブリコの柱3つをDIY。

柱に100均のアイアンバーを取り付け靴置きにするアイデアは面白いですね。

段さを少し付けると見栄えが良くなる気がします。

ラブリコで壁掛けTVにする使い方


参照:Roomclip

壁を傷付けないように、2×4材用のラブリコでテレビの背面に壁を作り、テレビを壁掛けにDIY。

この方法は実践している人が多く、ラブリコで作った壁のカラーを変えることができるので、本来の壁との色の違いを楽しむこともできます。


参照:Roomclip

2×4材用ラブリコで壁を作りヘンリボーン壁紙で壁掛けテレビをDIY。

ラブリコで作った柱に石膏ボードを打ち付ければ壁紙を綺麗に貼ることができます。

この方法であれば、好きな壁紙を張れるのでかなり綺麗に仕上がります。

便利な使い方ができるラブリコでDIYしよう

ラブリコの『アジャスター』は必須アイテム。上下で1セットなので、柱の分だけ用意が必要。

3本以上柱を立てる場合は『棚受けダブル』を忘れずに。

トイレや洗面台などちょっとした所に棚を作りたい場合は1×4棚受け。

棚の幅を広げたい場合は1×6棚受け。