コンクリートの壁の上に新しい壁を作る。中古マンションをセルフリノベーションVol.6

コンクリートの壁に木材を取り付ける

スポンサーリンク

前回の不動産日記Vol.5から、かなり期間が開いてしまいましたが、今日はコンクリート壁の上に板を取り付けて新しい壁を作る工程です。

コンクリートに打ち付けるので難しい作業になると構えていきましたが、業務用の電動工具は凄いですね。

作業工程順にお話ししていきます。

スポンサーリンク

コンクリートの壁に、木材を取り付ける印を描く

マンションのコンクリート壁

白い部分は、コンクリートの壁に壁紙を張っていたので剥がした跡です。

防音材や断熱材など、何も入っていない状態なので、隣の家の音が丸聞こえ状態。クレームも多かったようなので、コンクリートの壁に防音材や断熱材を入れてその上に壁を作れるようにします。

初めての作業かつ、コンクリートの壁に穴をあける大がかりな作業なので、知り合いの業者の方に教えを乞いながら進めます。

木材を取り付ける印をコンクリートの壁に書く

木材を取り付ける印をコンクリートの壁に書いていきます。900×1800のコンパネをはるので30㎝感覚で縦に線を引きました。

コンクリートの壁に木材を補助替わりに線を書く

こんなに長い定規はないので、木材を補助替わりに線を書いていきます。

コンクリートの壁に取り付ける木材に穴をあけて下準備

コンクリートの壁に取り付ける木材に穴をあけて下準備

2mの木材です。等間隔で5カ所インパクトドライバーで下穴を開けておきます。

この木材は、1カ月前くらいにあらかじめ購入しておいたのですが、乾燥して曲がっているやつが多かったです。

業者の方曰く、ホームセンターに置いていある長めの木はB級品が多いらしく、取り付ける直前に購入したちょっと湿っている状態の方が良いみたいですね。

MAKITAのハンマドリルHR2601Fでコンクリートの壁に穴をあける

コンクリートの壁に穴をあけるMAKITAのハンマドリルHR2601F

マキタのハンマドリルを購入しました。軽量で前方のハンドルを移動させて壁際の作業に持ってこいの型番です。

自宅のタイルをインパクトドライバーで穴あけした時、めちゃくちゃ大変でしたがハンマドリルの威力を思い知りました。

コンクリートが柔らかく感じる。。。本当凄い威力です。

コンクリートの壁にMAKITAのハンマドリルで押し込むように穴をあける

下穴を開けていた木材を印を付けていたコンクリートの壁に合わせてます。

その上からMAKITAのハンマドリルで押し込むように穴をあけます。

コンクリートの壁にMAKITAのハンマドリルで押し込むように穴をあける

ビットの根本まで思ったよりサクッと入るのでよく見ながら作業する必要があります。

この時の音がすさまじく、耳もとで大声で叫ばれるような感じで、本当に耳が痛い。当分耳鳴りが治らなかったので耳栓は必須です。

粉塵もかなり舞うので、換気をしつつマスクもした方が良いです。野球をしてた頃の、グランドの砂ぼこりの味を思い出しました。。。そのくらい粉塵が舞います。

コンクリートの壁にMAKITAのハンマドリルで押し込むように穴をあける

穴をあける順番は、真ん中を開けてネジで固定して上下を交互に固定していくようにしました。

一番上は脚立を使うので最後にまとめて作業します。一番下も板を挟むので最後にまとめて固定します。

コンクリートの壁に穴を開けたらハードエッジドライブで固定

ハードエッジドライブ

木材の固定にはコンクリートにも使えるハードエッジドライブを使います。110本のケースを5箱購入。

ハンマドリルで下穴をあけた木材をインパクトドライバーで固定

ハンマドリルで下穴をしっかり開けているので、なんなく入っていきます。

ハンマドリルで下穴をあけた木材をインパクトドライバーで固定

ハンマドリルの根本が丁度ハードエッジドライブのねじ頭と同じくらいの大きさなので、スッポリ収まります。

土台の木材を固定する前に地面を均す

ハンマドリルで下穴をあけた木材にハードエッジドライブが収まる

壁際はモルタルの垂れた跡が固まっていて、地面が平になっていないので木材を真っ直ぐ置けません。

なのでバールなどで平になるように削ります。これでも場所によっては木材が平にならないので、その時は木材の角を少し削ります。

コンクリートの壁に、新しい壁の下地木材を取り付けた

コンクリートの壁に、新しい壁の下地木材を取り付けた

端から30㎝間隔で取り付けてようやく半分。説明した手順でひたすら壁に取り付けています。

ハンマドリルの音で耳がヤバいです。

コンクリートの壁に、新しい壁の下地木材を取り付けた

今日は途中までで終わりそう。まだ半分だけですがいい感じです。

マキタのインパクトドライバーとハンマドリル

ハンマドリルとインパクトドライバー。先端のビッドが思ったより減りが早いので、余分に購入しておこうと思います。

次回は左のお風呂付近を壊して、壁一面に木材を取り付ける予定です。

 

前の記事>>天井の高さを合わせる!中古マンションをセルフリノベーションVol.5

天井の高さを合わせる!中古マンションをセルフリノベーションVol.5

2018.11.22