クッションフロアの剥がし方!マンションのCFをセルフリノベーションで交換

スポンサーリンク

中古マンションのリフォームを進めており、床を張り直す必要があるので敷いてあるクッションフロアを剥がします。

DIYをやるまでは、クッションフロアの剥がし方ってどうやるのか疑問だったので、作業の手順をまとめました。

床材を変えたい人やクッションフロアを剥がして、新しく張替える方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

クッションフロアの剥がし方を動画にまとめました

クッションフロアの剥がし方手順

下地がコンクリートのマンションです。

床材は全面クッションフロア(CF)にしていたので、全面剥ぎます。

クッションフロアの剥がし方手順①

クッションフロアをカッターを使ってある程度の幅で区切る

一度に全面を剥がすのは難しいので、カッターを使ってある程度の幅で区切って剥がしていきます。

クッションフロアの剥がし方手順②

カットした角からクッションフロアを剥がす

カットした角を起こしてめくり口を作ります。今回は押入れ部分がむき出しだったので、ここからめくり起こしていきます。

壁際もカッターで切れ目を入れておくとスムーズに剥がせるので切れ目を入れてください。

クッションフロアの剥がし方手順③

スクレーパーを使ってクッションフロアを剥がす

床前面にボンドで張り付けているので、剥がしにくいですが、手で引っ張って剥がせる場合はゆっくり剥がしてください。

今回は引っ張っても剥がれなかったので、スクレーパーを使って剥がします。

1人で作業するときは持手が長いスクレーパーがやりやすいのおすすめです。

クッションフロアの剥がし方手順④

クッションフロアを細かくカット

そのまま一気に剥がしてもいいのですが、処理が困るので細かく切断しながら剥がします。

クッションフロアの剥がし方手順⑤

カットする幅を細くすると剥がしやすくなるので、剥がしにくかったり、床にクッションフロアが残るようであれば幅を調整してください。

クッションフロアの剥がし方手順⑥

クッションフロアにスクレーパーを差し込んで押し上げるように剥がす クッションフロアをスクレーパーを差し込んで押し上げるように剥がす

床材とクッションフロアがしっかり剥がれるように、スクレーパーを差し込んで押し上げるように剥がします。

クッションフロアの剥がし方手順⑦

部屋の角もスクレーパーを差し込んで押し上げるように剥がす

角も同じように剥がし残しがないように、スクレーパーで全方向から差し込みます。

クッションフロアの剥がし終えた床

クッションフロアを剥がし終わった後の床

剥がし残しもなく、綺麗にクッションフロアを剥がすことができました。

クッションフロアを剥がし終わった後の床

今回は40~50㎝幅で剥がしましたが、もう少狭い方が作業はやりやすいかもしれません。

丁寧に剥がさないと、次クッションフロアを張る時に上手く張れなくなるので、今回の作業手順を参考に取り組んでみてください。