「木製カッティングボード」のおしゃれな使い方&活用アイデアまとめ

スポンサーリンク

「木製カッティングボード」テーブルをおしゃれに飾るアイテムとしても人気ですが、用途の多さに、意外と活用しきれていない方が多いと思います。

まな板、トレー、器など、使える場面が多いカッティングボードの、映える使い方や素敵な活用アイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

「木製カッティングボード」のお手入れ方法

毎日使う事が一番のお手入れになりますが、なかなかそうはいかないものですよね。

大切なのは、使用後はなるべく早く洗うこと。汚れの程度にもよりますが、軽いものは洗剤を使わず水で洗うだけで大丈夫です。

気を付けたいのは、洗ったあとは水気をしっかりきって立てて乾かすこと。

オイル仕上げのカッティングボードは、使っていくうちにオイルが抜けて白っぽくなってきます。

そんな時は、オイルを丁寧に塗ってあげることでツヤが蘇ります。(オイルは匂いがうすく乾きやすいものが良いです)

オイルを塗ったカッティングボードは一日休ませてあげましょう。

「木製カッティングボード」のおしゃれな使い方

まな板替わりに食材を切って、そのままお皿替わりに出すことで、カッティングボードがテーブルのアクセントになっておしゃれに使えます。

お皿を使わなくていい分、洗い物も減って忙しい日には嬉しい使い方ですね。

大きなカッティングボードに沢山の食材を乗せて、その場で少しずつシェアしながら食べる使い方はカッティングボードならではですね。

 

 

View this post on Instagram

 

Natsukiさん(@natsuki_717)がシェアした投稿

フィンガーフードをお皿に飾らずに、カッティングボードに乗せるだけで映えます。

手巻き寿司、バケットと和洋どちらも使えるのも木製カッティングボードの魅力です。

 

 

View this post on Instagram

 

@tocco.1230がシェアした投稿

キャンプやピクニックなど、外で食事をする時は、その場でカットして盛り付けができるカッティングボードの活躍の場。

形の違うカッティングボードを並べるだけでおしゃれな食卓になりますね。

 

 

View this post on Instagram

 

HELL-BENTさん(@hell_bent_staff)がシェアした投稿

形が違うカッティングボードを並べるだけの使い方でもおしゃれに見せれます。

厚みがある板を使うと高級感も出せますし、シーンによってカッティングボードを使い分けると良いですね。

 

 

View this post on Instagram

 

maoのこどもごはん☺︎時々おとなごはんとスイーツ。さん(@mao_2mama)がシェアした投稿

カッティングボードにすべてが詰まっている夢のような使い方。

メインからデザートまで綺麗に盛り付けられていて美しいですね。

 

 

View this post on Instagram

 

yasukoさん(@wolfmama_yasuko)がシェアした投稿

お弁当箱のように丸いカッティングボードを活用する使い方。

カッティングボードは洋風の食材を置く人が多いですが、おにぎりを置いても映えますね。

 

 

View this post on Instagram

 

Suuさん(@ichikomama1301)がシェアした投稿

アヒージョをおく鍋敷き替わりにカッティングボードを活用する使い方。

アヒージョに沿えるパンとセットで並べることで、よりおしゃれに写りますね。