中古マンションの壁を壊す!石膏ボードを剥がして部屋を繋げる #3

スポンサーリンク

築40年を超える2件の物件をセルフリノベーションしながら生活しているセーチ(@DIY_se_chi)です。

実家が所有してるマンションの1室をセルフリノベーションして、家族で使えるようにするまでの作業内容をお伝えする【中古マンションDIY】シリーズ。

#3は壁の解体作業です。

前回剥ぎ終わらなかった和室と廊下の天井の壁紙を剥がして、奥に繋がる壁一面を解体します。

早速作業内容をお話します。

天井と和室と廊下の壁紙を剥ぐ

天井と和室の壁紙を剥いでいます。

6畳の部屋を4つ分剥ぐのに丸1日かかりました。

一気に剥がれてくれれば楽なのですが、画像のように途中で破けてしまうので、めくっては剥ぎの繰り返しです。

中古マンションDIYの壁を壊す

前回バールで穴を開けた箇所から壁を壊していきます。

バールで叩くと音が凄まじいので、なるべく音をたてないように手で剥がすように解体を進めます。

壁の裏側には間柱といって、壁を固定する為の木材があります。

石膏ボードは間柱にタッカーで固定されているので、力を入れて引っ張ると簡単にベリッと剥がれます。

バールで1ヵ所穴を開けて、そこを起点に剥がしての繰り返し。

石膏ボードはのサイズは「910mm×1820mm」と決まっています。

なので、サイズを想定しながら穴を開けて引っ張れば、砕けずに綺麗に剥がれます。

上画像は、幅10㎝の石膏ボードが固定されていた所です。

おそらく間柱1本だけでは石膏ボードを支えることができなかったので、無理やり柱を追加したような造りになっています。

このようにイレギュラーな場合もありますが、慣れてくると、なるほどなとすぐに理解できるようになります。

キッチン横の洋室に繋がる壁を壊し終わりました。

キッチンタイル部分の背面も石膏ボードでしたが、今壊すとタイルと石膏ボードが混じってしまうので、キッチンを退かしてから解体した後に壊そうと思います。

和室に繋がる壁は、壁を作った後に畳を置いているので、今までのように剥がすのは難しそうです。

畳を先に捨てておけば良かったかもしれませんが、天井を作る時に土台にしようと思っているので、畳の解体は諸々壊し終わった後にと考えています。

なので、段差部分はバールで砕いて処理しました。

残り部分も同じように壁を壊したら和室に繋がる部分は終了です。

マンションの押入れは石膏ボード側から壊す

押入れ部分の解体ですが、押入れの内側から壊した方がいいのか、反対の部屋の石膏ボード側から壊した方がいいのか悩みました。

押入れの内側からバールで壊すと、木材が散らばって石膏ボードと混ざりそうだったので、反対の石膏ボード側から壊し始めました。

この部屋の押入れは3mm程度のベニヤ板が固定されているだけだったので、反対側から押すと簡単に間柱から剥がれました。

押入れの中板を解体していないので、綺麗には外れませんが、それでも楽に壊せます。

奥の窓から光が入って、部屋全体が明るくなりました。

全然印象が違いますね。

コチラ側にも部屋を作るか悩んでいましたが、この明るさを見たら、全部繋げても良いかもと思います。

壊した壁は土のう袋に入れて片付ける

壊した壁(石膏ボード)を土のう袋に入れてまとめます。

石膏ボードは一般家庭では処理できない素材なので、専門の業者を呼ぶか廃棄場所まで持っていって処理してもらうかになります。

このような建築系資材といわれる物の処理は大変で、廃棄しにいくにしても山の奥にあることが多いのでかなり遠いです。

㎥~で値段が決まっているので、今回解体した分は土のう袋に入れ、残りの壁を解体したら一緒にまとめて持っていきます。

天井を解体する時に邪魔になるので丁度いいです。

掃き掃除は、あまり勢いよくやる石膏ボードが舞うので、なるべく舞わないように掃きます。(換気は必須です)

今回の作業で出た石膏ボードだけで土のう袋が20袋以上になりました・・・

マンションの壁を壊した後の部屋

柱が残っているので、綺麗には見えませんが、壁が無くなったことでかなり広く感じます。

まだ1部しか解体できていませんので、次回は天井に廊下側の壁と石膏ボードが使われている壁を一気に壊していきたいと思います。

(火災報知器など諸々処理してもらってからの作業になるので少し時間があきます)

※作業風景を動画にまとめているので良かった見てください!

前の記事>>築30年中古マンションの解体作業開始!壁を壊す前に壁紙を剥ぐ #2

築30年中古マンションの解体作業開始!壁を壊す前に壁紙を剥ぐ #2

2020年5月28日