DIYで地方の中古物件をセルフリノベーションVol.1

スポンサーリンク

2018年8月から築40年の2世帯住宅木造一軒家に住むことになりました。

この物件は祖父母の物で以前住んでいたんですが、ここ5,6年はだれも住んでいません。

この中古物件に住みながらセルフリノベーションして、いつでも親戚や友人が集まれる場所にしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

セルフリノベーション前の状態

2世帯なので、かなり部屋数はあるのですが、まずは1階のリビング・キッチンから取り掛かりたいと思います。

5.6年住まないだけでかなり痛みますね。
全体的に壁にシミがあったりするので壁紙は全部張り替えて、床は軋む部分があるので、様子をみて張り替えるつもりです。
リビングの天井は特殊な形をしているので、そのまま使おうと思います。

セルフリノベーションする前のリビング

 

キッチンは水回り以外すべてやり直したいですね。
奥に見える棚は取り壊して、左に見えるタイル部分も壁紙にしたいです。
天井はクロスを張って雰囲気でるようにできればと考えています。

 

セルフリノベーションする前のキッチン

 

リビング側から見るキッチン。
壁と敷居を取り壊して、広い1Rにしようと思います。

 

セルフリノベーションする前のリビングからの見た部屋

 

それと同時に玄関先と庭も荒れ果てているので、少しずつですが同時進行で手入れしていきます。

 

セルフリノベーションする家の玄関

2世帯物件からなのか?天井が高くないので、広く見えるように工夫してリノベしていきます。
ゆくゆくは民泊をやろうと思っているので、複数人で泊まりに来ても落ち着ける雰囲気の部屋にしたいと思います。

あまり物を置きたくないのでインテリアが映える空間にしたいですね。

 

なぜ戸建て中古物件でセルフリノベーションをやろうと思ったのか

高校生くらいまでは、年末年始になるとこの家に親戚みんなが集まって新年を迎えてました。祖父母が亡くなってからは親戚の集まりもなくなり、寂しいなと思っていました。

2018年の年始に従妹で集まり5、6年住んでいないこの家に寄った時、荒れ果てた部屋を見て「もう集まる場所はなくなったんだね」と言葉が漏れました。

この言葉が切っ掛けで皆が集まる場所を作りたいと思い、東京の仕事を辞めて福岡に戻ってきました。

プロの業者に任せるとそれなりに費用も掛かりますし、the 賃貸物件!という感じになるのが嫌ですし、皆が集まる場所を自分の手で直していきたいという思いが強かったのでセルフリノベーションをやろうと思いました。

アクセスが良く近くに有名な観光名所などもあるので、家族・親戚以外も集まれる場所にしたいなと思ってます。

 

セルフリノベーションといっても何から手をつけていいのか・・・

実際の部屋を前にすると、どこから手をつけていいのか分かりません・・・
ネットで情報収集するも、頼りになるものがなく、間取りも違うし困りました。

床の張り方など断片的な情報はあるのですが、一部屋全部調べると時間がかかりすぎる!
なので僕も中古物件を買って自分でリノベしたい!という人の為に、DIYの記録を残していこうと思います。

タイトルにVol.~とつけているので、順を追って読めばリノベが完成するような構成にしていきます。

 

次の記事>>壁を壊すVo.2

DIYで壁を壊して部屋を繋げる!セルフリノベーションVol.2

2018.08.19