【多様なシーンで活躍】キッチンワゴンでデスク下におしゃれなサイドテーブルを設置

スポンサーリンク

デスクに収納スペースが欲しいと思い、引き出しを探していたのが切っ掛けで見つけた「スチール製サイドテーブル」

キッチンで食料品の補完用に置いたり、脱衣所でアメニティ置き等でも使われるキッチンワゴンは、ニトリや山善からも販売されていおり、メーカーによって質感やカゴの大きさが変わってきます。

その人気のキッチンワゴンに天板を取り付けてサイドテーブルとしても使えるタイプがあるので、デスク下の引き出しとして使おうと思い購入しました。

スポンサーリンク

サイドテーブルワゴン「Feel」について

ニトリや山善から販売されているキッチンワゴンは、2段タイプと3段タイプがあり4ます。

ニトリや山善のキッチンワゴンは天板タイプがないので、純粋にキッチンワゴンとしての使用しかできません。

今回、僕が購入したサイドテーブルワゴン「Feel」は、天板付きでサイドテーブルとしても使えるデザイン。「Feel」にしたポイントは天板の濃い色と、マッドなグレーっぽい色が気に入ったからです。

ニトリや山善の黒は、もっと真っ黒な色でプラスチックのようにも見えるのでどうしようか悩んでいましたが、「Feel」を見つけて即決しました。

サイドテーブルワゴン「Feel」の外観

配送はキャスターが外された状態で組み立てられたまま梱包されています。

箱から出すとこの状態です。サイズ全体は

外寸:(約)高さ58.5cm×50cm×37cm
ラック内寸:(約)高さ12cm×33cm×43.5cm
天板:(約)厚み1.5cm

他メーカーのキッチンワゴンは、高さが50㎝以下の物が多く少し低く感じますが、「Feel」は58.5㎝と高さがあるのでサイドテーブルとしてもベストな高さですし、僕のデスク下に収めるのにはピッタリサイズです。

ラックも他メーカーより深さがあるので、そこも「Feel」を購入する決めてになりました。

組み立てというほどのレベルではないですが、キャスターを取り付ければすぐに使えます。

レンチが付いていますが、手でも結構頑丈に固定できました。

キャスターロックが2つ付いているのは嬉しい仕様です。

キャスター付近はスチールの溶接部分も無骨な感じがして個人的には良いです。

天板は木目のきれいな天然杉材。他メーカーよりも少し値段が高くなりますが、天板はこの商品の顔ともいえる部分なので、納得の材質と色合いでした。

天板はカタカタ音が鳴ると思っていましたが、想像以上にしっかり固定できる仕様で、横にした状態でも天板が落ちることはありません。

ワゴン表面は全体的にユーズド感を施していると記載がありましたが、僕的にはもう少しユーズド感があってもいいかなと感じました。

サイドテーブルワゴン「Feel」を設置

サイドテーブルキッチンワゴン「Feel」を設置

部屋のインテリアとも合っていて、雰囲気も良いですね。

2段のキッチンワゴンは「Feel」より一回り小さいサイズが多いですが、やっぱりサイドテーブルとして使うなら、このくらいの大きさは欲しいと思います。

サイドテーブルキッチンワゴン「Feel」を設置

デスク用の椅子に座って高さチェック。ひじ掛けよりちょっと低いくらいで、丁度コップを置きやすいベストな位置。

1人用ソファーならPCを置いて簡易的な作業場としても使えそうです。

サイドテーブルキッチンワゴン「Feel」を設置

僕は、サイドテーブル兼デスク引き出しとして使いますが、使い方次第で多様なシーンで活躍できるキッチンワゴンは1つ持っておいても良いかもしれません。

「Feel」より一回り小さくて値段もお手頃なキッチンワゴンもあります。

狭いスペースで使いたい人はスリムタイプもあります。

合わせて読みたい
サイドテーブルはDIYで簡単に作れる!サイドテーブルを自作するアイデアまとめ

サイドテーブルはDIYで簡単に作れる!おしゃれに自作できるアイデアまとめ

2019.01.01