ケーブル内蔵のどこでも充電できるモバイルバッテリー「ソーラー充電器 」を購入

セルフリノベーションの現場で使えるソーラー充電器のモバイルバッテリー

スポンサーリンク

セルフリノベーションをしていると、電源が無い場所での作業が多く、スマホで動画を撮影したり、その場で工程を調べたりしていると、すぐにバッテリーが無くなるので困ります。

ANKERのモバイルバッテリーを持っているのですが、いざという時にバッテリーが無いことがあり、ちょっとむなしくなります。

なので、どこでも充電できる「ソーラー充電器」付きのモバイルバッテリーを購入しました。

スポンサーリンク

Amazonでモバイルバッテリー「ソーラー充電器」16000mAhを購入

Amazonらしく、シンプルな箱に梱包されて届きました。

付属品は説明書にUSBケーブルに加え「Type C変換アダプター」と「Lightning変換アダプター」も付属されています。

説明書は海外仕様でよくわかりませんでした。。。

モバイルバッテリー「ソーラー充電器」の背面にはライトが付いていて、セルフリノベーションでいざ光が欲しいという時にも活躍してくれそう。

ケーブル内蔵のモバイルバッテリー「ソーラー充電器」

本体上部にゴム状のケーブルが内蔵されています。※矢印が付いている部分です。

少しズラすと「MicroUSBケーブル」が出てきます。

反対側は固定されていますが、ゴムなので180度曲げることもできます。

付属の「Type C変換アダプター」と「Lightning変換アダプター」を収納するスペースがあるのも魅力的。

僕はiPhoneなので「Lightning変換アダプター」を矢印部分に収納して持ち運びます。

これでケーブルを別で準備せずに、このモバイルバッテリーだけ持ち運べは、どこでもすぐにiPhoneを充電できます。

「Type C変換アダプター」を取り付けた時はこんな感じになります。

「Lightning変換アダプター」を取り付けた感じです。

ちなみに、変換アダプターを収納するときは先端を上に入れると、取り出すとき一度入口で止まってくれます。

モバイルバッテリー「ソーラー充電器」のサイズ感

僕はiPhone7を使っていますが、一回り大きいサイズ感。(縦15㎝ 横幅7.5㎝です)

iPhone7+くらいでしょうか。

厚さは1㎝でiPhone7の倍くらい。

重さは209gとiPhoneに手帳型カバーを取り付けた時くらいの重さです。

普段はANKERのモバイルバッテリーを使っていますが、重さは変わりませんでした。

ケーブル内蔵のモバイルバッテリー「ソーラー充電器」の性能

ケーブル内蔵のモバイルバッテリー「ソーラー充電器」の充電回数

本モバイルバッテリーは16000mAhでiPhone Xに約3回で、Galaxy s8に約4回、iPad miniに約2回くらい充電できます

ケーブル内蔵のモバイルバッテリー「ソーラー充電器」のライト

裏面に2個LEDランプが配備されていて、横の電源ボタンを二秒押し続けると点灯します。

「ソーラー充電器」が災害時に活用されることが多いので、たいていの「ソーラー充電器」についていますね。

ケーブル内蔵のモバイルバッテリー「ソーラー充電器」の接続端子

入力ポートが「android」「Type C」「Lightning」と3種類あるので、電源から充電することも可能です。

※画像はandroid入力ポートを使って充電。

USB出力ポートが1つあるので、備え付けのコードと同時に使えば2台同時に充電も可能です。

「ソーラー充電器」のモバイルバッテリーを選ぶ基準

「ソーラー充電器」の種類は豊富ですが、選ぶ基準は下記3点になると思います。

  • サイズ
  • 容量
  • ケーブル内蔵

使う用途によって選ぶ「ソーラー充電器」が違ってくるはずです。

セルフリノベーションの現場ではケーブル内蔵の「ソーラー充電器」

僕の場合は、セルフリノベーションの現場でサッと使いたいので、ケーブル内蔵で薄くて持ち運びがしやすいものが最重要ポイントでした。

1回充電できれば十分なので、容量はそこまで大きくなく、ケーブル内蔵のソーラーチャージャーモデル「P1」を購入しました。

容量重視で旅行先などで複数充電したい人は24000mah

Amazonの「携帯電話用ソーラーチャージャー」カテゴリでベストセラーの3USB出力ポート付きのコチラがおすすめ

充電回数は、僕が購入した16000mahの約2倍充電できるので、旅行先などでは重宝するかも。

 

数か月後に使ってみた感想を追記したいと思います。