和室の壁と天井の隙間を埋めて下地処理!ペンキで塗装して洋室にする Vol.31

スポンサーリンク

前回の続きで和室をモルタル風に塗装していく作業です。

和室の天井の隙間を埋めたり、ベニヤ板の隙間やネジ穴にパテを埋めたり、思いの他作業が多く、説明する内容があったので別記事にしました。

写真で現場の状況を交えながらお伝えします。

スポンサーリンク

和室の壁と天井を塗装して洋室にする工程を動画にしています

塗装前に和室壁の隙間をパテ埋め

塗装前に壁や柱の隙間にパテ埋め

和室の壁や柱は、祖母が色々壁に挿していたようで穴が沢山あります。

このまま塗装しても穴が埋まらず目立ってしまうので、パテで穴を埋める処理を施します。

塗装前に壁や柱の隙間にパテ埋め

前回塗装した部分にも穴があり、黒い点が目立つので塗装の上からパテで処理しました。

乾いたら上から塗装して修復します。

和室の天井隙間を角材で埋める

目隠し天井の隙間を塗装前に角材で埋める

和室の天井は、板ごとに9mmの溝があります。

玄関の天井を漆喰仕上げにした時、この作りに手間を取られました。

前回はパテで全ての隙間を埋めましたが、時間がめちゃくちゃかかるので他の方法は無いかと考えてました。

丁度いい角材を綺麗に埋め込むのが一番楽で速いと思い、ホームセンターに売っているか問い合わせ。ピッタリサイズの9mm×9mmの角材が売っていました。

天井の横幅が3600mmなので、1860mmを10本購入。

目隠し天井の隙間に角材をカナヅチでトントンと押し込むようにはめ込む

少しキツイ箇所もありましたが、カナヅチでトントンと押し込むようにはめ込みます。

天井の隙間に埋め込んだ角材の要所要所に19mmの釘で固定

要所要所に19mmの釘で固定。天井がめっちゃくちゃ薄いので、天井裏の間柱に刺さるように釘を打ち込んでいます。

角材を埋め込んで隙間が無くなってフラットになった天井

凹凸なく綺麗にはめ込めました。隙間がなくなりフラットな天井になったので、塗装後の仕上がりが楽しみです。

塗装前に天井にミッチャクロンマルチで下地処理

塗装前に天井にミッチャクロンマルチを吹きかける

和室の天井は薄い板にプリントされたような素材。

トイレのタイルにミッチャクロンマルチを塗らずに塗装したら、弾くような仕上がりになってしまいました。修復に時間がかかったので、塗装がうまく乗るか不安な時はミッチャクロンマルチを全面に吹きかけておきます。

乾くのに少し時間がかかるので、その間に壁を塗装します。

和室の壁をペンキで塗装して洋室に

元和室の壁をモルタル風に塗装

前日シーラーを塗っておいた、砂壁の上に取り付けたベニヤ板にIMAGINE WALL PAINTのGRAY TONEで塗装します。

 

柱にも同じようにグレーで塗装

柱にも同じようにグレーで塗装します。全面同じ色にすることで和室感を無くします。

角などの細かい所は刷毛を使って塗装。全面はローラーを使い、最後に刷毛で仕上げる感じです。

扉の内側までグレーで塗装

ここが入口。

扉を開けた時に木目が見えたら残念な感じになってしまうので、扉の内側まで塗装します。

和室の天井をペンキで塗装して洋室に

下処理をした和室の天井をモルタル風に塗装

ミッチャクロンマルチで下処理をしているので、ムラなく塗装できています。

プリント板に塗装すると仕上がりが滑らかなので、見た目が良いです。

下処理をした和室の天井をモルタル風に塗装

天井の隙間に入れた9mmの角材のおかげてフラットな天井に見えます。

隙間があるだけ和室の天井だなと分かってしまうので、埋めてよかったです。

天井の穴を塞いだ1×8材も塗装

天井の穴を塞いだ1×8材も塗装します。

ローラーだと狭すぎて塗れないので、刷毛で2度塗り。1度塗りだと乗りが悪く全然塗装できなかったのでかなり多めにペンキを付けています。

パテで補修した壁をペンキで2度塗り

塗装後にパテで補修した壁に2度塗り塗装

リモコンを取り付けていた釘の穴や、画鋲の細かな穴がぷつぷつと見えていた所にパテで処理して白くなっています。

この上に2度塗りして白を消して、穴のないフラットな壁にしていきます。

塗装後にパテで補修した壁に2度塗り塗装

出窓はカーテンレールの後が特にひどかったです。塗装で見えなくなるかなと思いましたが無理でした。

次回からは塗装前に事前にチェックしてパテで処理しようと思います。

巾木(はばき)もグレーのペンキで塗装

巾木(はばき)もモルタル風に塗装

壁と床を綺麗に見せる巾木は、刷毛が汚れるので最後に塗装します。

一面モルタル風の壁になると印象がだいぶ変りますね。

巾木はペンキが乗りにくいので、綺麗に仕上がるまで何回か重ね塗りをします。

白の予定だった窓側の壁もグレーのペンキで塗装

白の予定だった窓側の壁もモルタル風に塗装

部屋全部をモルタル風に塗装すると暗くなりすぎると懸念していたので、窓側の壁は白にしようと思っていました。

ここまでの仕上がりから、押入れと出窓を白にして、壁は全面モルタル風に塗装してみようと思います。

暖色電球とグレーの雰囲気が良かったので、壁は全面モルタル風にしようと決断できました。

白の予定だった窓側の廻縁もモルタル風に塗装

作業途中までは出窓の色も、押し入れの色も決めてませんでしたが、やってみて雰囲気を確かめないと決めれないものですね。

モルタル風塗装の下地完了

モルタル風塗装の下地完了、完成まであと1歩

いい感じの雰囲気になってきました。天井は2度塗りしてもう少し色をしっかり付けたいと思います。

モルタル風塗装の下地完了、完成まであと1歩

照明は黒のダクトレールを取り付けて、真鍮製の吊り下げライトを取り付けたら部屋に合いそう。

今はコンパネですが、床は木材もありですね・・・これはこれでカッコいい。

今の所モルタルの少し濃い色のクッションフロアにする予定。サンプル取り寄せ中。

次の作業は塗装の上に濃いグレーを乗せてグラデーションを付けます。照明も間に合えば取り換える予定です。

 

次の記事>>押入れと扉を塗装+ペンキだけでモルタル風に塗装して洋室に!Vol.32

押入れと扉を塗装+ペンキだけでモルタル風に塗装して洋室に!Vol.32

2019.02.14

 

前の記事>>ペンキを混ぜて、和室の壁と天井をモルタル風に塗装して洋室化!Vol.30

部屋の壁紙を剥いでグレーのペンキで塗装!セルフリノベーションVol.30

2019.02.05



『DIY MAGAZINE』も使っている
アイデア満載の情報アプリ
LIMIA (リミア)

使ってみたくなる住まい・暮らしの写真が見放題!